沿革

1961年
8月1日
関東ガス器具株式会社(現:株式会社ガスター)の工事部から分離・独立し「関東配管株式会社」(旧社名)を大田区新井宿に設立。資本金1,000万円、役員4名、社員56名体制でスタート
労働組合結成
9月 東京都建設業登録認可
1962年
6月
本社を新宿区内藤町に移転
1963年
8月
支管工事分野へ進出
10月 給排水衛生設備分野へ進出
1967年
12月
高層ビル配管工事へ本格的に進出「霞ヶ関ビル(36階建て)」
1968年
2月
本社を品川区東五反田に移転
1970年
8月
ガス本管工事(大口径)分野へ進出
1976年
10月
日本住宅公団の給排水衛生設備工事を初受注
1979年
5月
関東配管野球部結成
1980年
1月
ポリエチレン管(PE管)実用化埋設工事開始
1982年
7月
1級建築士事務所登録
1983年
5月
日本海中部地震災害復旧へ応援派遣
1985年
8月
社名を「株式会社関配」に改称
11月 本社五反田新社屋竣工
1988年
10月
ガス検漏液「モレサーチ」(現名称:モレキャッチ)を商品化 
1992年
4月
中圧鋼管工事分野へ進出
1993年
1月
釧路沖地震災害復旧へ応援派遣
1993年
4月
フローモール工法(非開削)開始
1995年
1月
阪神・淡路大震災災害復旧へ応援派遣
1996年
3月
売上高500億円達成
1997年
1月
高圧導管工事分野へ進出
2002年
3月
ISO14001取得(全部門)
7月 リビング事業部門を分社化し、株式会社関配リビングサービス(2006年に株式会社キャプティ・ライブリックに改称)を設立
7月 ISO9001取得(全部門)
2003年
4月
関連会社「YHK器材株式会社」設立
4月 フレックスライナー工法(非開削)開始
2004年
7月
株式会社関配テック(2006年に株式会社キャプティ・テックに改称)を設立
10月 新潟中越地震災害復旧へ応援派遣
2005年
2月
アースアタックモール工法(非開削)開始
12月 軽量・仮埋戻し材「ecoボール」特許認証
2006年
4月
トーヨコエンジニアリング株式会社と経営統合し社名を「株式会社キャプティ」に改称
2007年
7月
新潟中越沖地震災害復旧へ応援派遣
2011年
3月
東日本大震災災害復旧へ応援派遣
2013年
4月
栃木県栃木市に「東部事業部 北関東施工C」を設置。
2014年
4月
グループ組織見直しにより株式会社キャプティ・ライブリックを東京ガス株式会社子会社へ再編
2016年
4月
株式会社ガスターの空調事業を吸収分割により当社へ移管
2019年
5月
本社を墨田区堤通に移転