ホーム > 企業情報 > 健康経営

健康経営

私たちキャプティグループは、「経営理念」に基づき、事業活動を通じて社会の発展に貢献します。
また、社員の健康は事業活動の基盤という考えのもと健康経営宣言を制定し、社員とその家族の健康を推進します。

健康経営宣言

キャプティグループは企業行動理念として、「働く全ての人が財産、人財なくして将来なし」との人財重視を掲げ、働く全ての人が会社の財産と位置づけています。
社員とその家族の健康こそが、われわれの目指す「快適な暮らしづくり」と「環境に優しい都市づくり」に貢献できるものとして、お客さま、社会、社員から常に信頼され、発展しつづける企業であることを実現します。
私たちキャプティグループは、社員とその家族の健康保持・増進を全力でサポートし、健康経営を推進することで、社会の発展に貢献していきます。

キャプティグループは、社員ひとり一人が心身ともに元気に働ける職場を目指して、健康づくりのため下記の事項に取り組みます。

1.働き易い職場環境の充実
2.長時間労働対策の推進
3.休暇促進対策の推進(休めるキャプティグループ)
4.就業管理者による適切な安全配慮の実施
5.産業保健スタッフによる面談の実施
6.健康診断と健康サポートプログラムの充実
7.生活習慣病の予防と改善
8.メンタルヘルス対策の実施
9.復職支援プログラムの充実
10. 喫煙対策の実施

2020年6月1日
株式会社キャプティ
代表取締役社長 菊山 嘉晴

健康経営推進体制

キャプティグループで働く社員の命と健康を守るため、『キャプティグループ健康経営宣言』に基づいた健康管理施策を充実させ、各職場の管理者が主体となり産業医・産業看護職と連携し、きめ細やかな健康管理活動を展開します。
健康経営推進体制の図

キャプティ社員の健康課題

(背景)

若年層のグループ会社への転籍も有り平均年齢が2017年度45.5歳→2018年度45.7歳→2019年度45.9歳と上昇傾向にある。

(課題)
(1)40歳以上の生活習慣病に関する有所見率
(2)40代・50代の肥満度(メタボ率)
(3)全国平均より高い喫煙率


(課題数値推移)

年度 2017年 2018年 2019年 2020年目標 2023年目標
有所見者率 58.7% 58.9% 61.4% 60%未満 55.5%未満
喫煙率 39.5% 39.7% 40.6% 39%未満 29%未満
※2023年度目標値は全国平均

2020年度キャプティグループ健康・衛生活動計画について

『キャプティグループ健康経営宣言』のもと、「社員一人ひとりの健康がご家族の安心につながるもの」の考えを重視し、健康に関する諸施策をより一層展開するとともに『健康経営宣言』の定着化を図る。
また、健康・衛生活動をとおして働き易い職場環境の充実を図るとともに、積極的な特定保健指導の取組みと健康診断の充実、各職場でのメンタルに対する管理者の役割が重要な位置づけになっているメンタルヘルス対策、長時間労働対策、休暇促進対策(休めるキャプティグループ)、禁煙対策、産業医体制の維持等を実施する。

2020年度キャプティグループ 健康・衛生活動計画について資料より


1.職場環境の充実
 産業医の職場巡視を通じた働き易い職場環境の形成
2.健康診断の充実と有所見率軽減の取組み
 (1)健康診断項目の必要に応じた追加と見直し
 (2)健康サポートプログラム(特定保健指導)の積極的な取組み
3.就業管理者による安全配慮義務
 (1)就業管理者による適切な安全配慮
 (2)部下とのコミュニケーションや定例面談での健康状態を把握
4.メンタルヘルス対策
 (1)ストレス度の高い社員には産業医や産業看護職との面談
 (2)休職者に対しては『復職支援プログラム』に沿った復職支援
 (3)定期的なストレスチェックの実施
5.長時間労働対策
 時間外労働が一定の基準を超える場合には産業医面談の実施
6.産業医体制の維持
 産業医による面談指導の実施と健康障害の原因・再発防止の措置
7.禁煙対策
 全社禁煙デーの設定と禁煙および喫煙エチケットの啓蒙
8.伝染病対策
 新型コロナウイルスおよび新型インフルエンザ等の伝染病に対する適切な対応

スポーツ推進企業・スポーツエールカンパニーに認定

当社は、従業員が行うスポーツ活動の支援や促進に向けた取り組みをしている企業として、東京都より「東京都スポーツ推進企業」に、スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー」にそれぞれ認定されました。

東京スポーツ推進企業 2019認定
SPORTS YELL COMPANY 令和元年度認定

スポーツ庁では、「働き盛り世代」のスポーツ実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、従業員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取組を行 っている企業を「スポーツエールカンパニー」として認定しています。

スポーツ庁 WEB サイト : 令和元年度「スポーツエールカンパニー」として 533 社を認定

トップへ

株式会社キャプティ
東京ガス

株式会社キャプティ

東京ガスグループ

ホーム > 企業情報 > 健康経営

健康経営 

私たちキャプティグループは 、「経営理念」に基づき、事業活動を通じて社会の発展に貢献します。
また、社員の健康は事業活動の基盤という考えのもと健康経営宣言を制定し、社員とその家族の健康を推進します。

経営理念・目指す姿・企業行動理念はこちら

健康経営宣言

キャプティグループは企業行動理念として、「働く全ての人が財産、人財なくして将来なし」との人財重視を掲げ、働く全ての人が会社の財産と位置づけています。
社員とその家族の健康こそが、われわれの目指す「快適な暮らしづくり」と「環境に優しい都市づくり」に貢献できるものとして、お客さま、社会、社員から常に信頼され、発展しつづける企業であることを実現します。
私たちキャプティグループは、社員とその家族の健康保持・増進を全力でサポートし、健康経営を推進することで、社会の発展に貢献していきます。

キャプティグループは、社員ひとり一人が心身ともに元気に働ける職場を目指して、健康づくりのため下記の事項に取り組みます。

1.働き易い職場環境の充実
2.長時間労働対策の推進
3.休暇促進対策の推進(休めるキャプティグループ)
4.就業管理者による適切な安全配慮の実施
5.産業保健スタッフによる面談の実施
6.健康診断と健康サポートプログラムの充実
7.生活習慣病の予防と改善
8.メンタルヘルス対策の実施
9.復職支援プログラムの充実
10. 喫煙対策の実施

2020年6月1日
株式会社キャプティ
代表取締役社長 菊山 嘉晴

健康経営推進体制

キャプティグループで働く社員の命と健康を守るため、『キャプティグループ健康経営宣言』に基づいた健康管理施策を充実させ、各職場の管理者が主体となり産業医・産業看護職と連携し、きめ細やかな健康管理活動を展開します。
健康経営推進体制の図

キャプティ社員の健康課題

(背景)

若年層のグループ会社への転籍も有り平均年齢が2017年度45.5歳→2018年度45.7歳→2019年度45.9歳と上昇傾向にある。

(課題)
(1)40歳以上の生活習慣病に関する有所見率
(2)40代・50代の肥満度(メタボ率)
(3)全国平均より高い喫煙率


(課題数値推移)

年度 2017年 2018年 2019年 2020年目標 2023年目標
有所見者率 58.7% 58.9% 61.4% 60%未満 55.5%未満
喫煙率 39.5% 39.7% 40.6% 39%未満 29%未満
※2023年度目標値は全国平均

2020年度キャプティグループ健康・衛生活動計画について

『キャプティグループ健康経営宣言』のもと、「社員一人ひとりの健康がご家族の安心につながるもの」の考えを重視し、健康に関する諸施策をより一層展開するとともに『健康経営宣言』の定着化を図る。
また、健康・衛生活動をとおして働き易い職場環境の充実を図るとともに、積極的な特定保健指導の取組みと健康診断の充実、各職場でのメンタルに対する管理者の役割が重要な位置づけになっているメンタルヘルス対策、長時間労働対策、休暇促進対策(休めるキャプティグループ)、禁煙対策、産業医体制の維持等を実施する。

2020年度キャプティグループ 健康・衛生活動計画について
資料より


1.職場環境の充実
 産業医の職場巡視を通じた働き易い職場環境の形成
2.健康診断の充実と有所見率軽減の取組み
 (1)健康診断項目の必要に応じた追加と見直し
 (2)健康サポートプログラム(特定保健指導)の積極的な取組み
3.就業管理者による安全配慮義務
 (1)就業管理者による適切な安全配慮
 (2)部下とのコミュニケーションや定例面談での健康状態を把握
4.メンタルヘルス対策
 (1)ストレス度の高い社員には産業医や産業看護職との面談
 (2)休職者に対しては『復職支援プログラム』に沿った復職支援
 (3)定期的なストレスチェックの実施
5.長時間労働対策
 時間外労働が一定の基準を超える場合には産業医面談の実施
6.産業医体制の維持
 産業医による面談指導の実施と健康障害の原因・再発防止の措置
7.禁煙対策
 全社禁煙デーの設定と禁煙および喫煙エチケットの啓蒙
8.伝染病対策
 新型コロナウイルスおよび新型インフルエンザ等の伝染病に対する適切な対応

スポーツ推進企業・スポーツエールカンパニーに認定 

当社は、従業員が行うスポーツ活動の支援や促進に向けた取り組みをしている企業として、東京都より「東京都スポーツ推進企業」に、スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー」にそれぞれ認定されました。

東京スポーツ推進企業 2019認定
SPORTS YELL COMPANY 令和元年度認定

スポーツ庁では、「働き盛り世代」のスポーツ実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、従業員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取組を行 っている企業を「スポーツエールカンパニー」として認定しています。

スポーツ庁 WEB サイト : 令和元年度「スポーツエールカンパニー」として 533 社を認定