capty TOKYO GAS GROUP 株式会社キャプティ
home業容案内施工実績新技術会社案内グループ企業採用情報お問合せ


新技術
  ■ 開発商品 ■ エコボールモレキャッチ速線力KPモール2・スネークロッド
  ■ 工事技術 ■ フローモール工法アースアタックモールフレックスライナーグルンドバースト

    工事技術

- アースアタックモール
アースアタックモール
<特長>
到達坑が不要
小さな貫入坑のみの構築で削孔が可能
(標準寸法・・・長さ:3m、幅1m、深さ0.7m 程度)
 
建物下の位置計測
従来の磁気式ロケーターに加えて、ジャイロによる計測システムにより建物下の削孔が可能
 
パワフルな削孔
ロータリーパーカッションにより、礫やコンクリート塊が混在している地盤でも削孔が可能
 
〜89mm の管に対応
二重管方式により、外径89mm の管を敷設することが可能
 

1.施工工程
(1) 削孔
ロケーターおよびジャイロを用いながら誘導削孔を行う。
削孔
削孔
(2) インナーヘッド回収
ロッド内に回収装置を挿入し、インナーヘッドを回収する。
インナーヘッド回収
インナーヘッド回収
(3) 井戸管挿入・ロッド回収
ロッド内に井戸管を挿入した後、ロッドを回収し井戸管の敷設を完了する。
井戸管挿入・ロッド回収
井戸管挿入・ロッド回収

2.適用例

水平井戸による原位置土壌浄化
水平井戸による原位置土壌浄化
 
工場を稼動させたままで井戸管を敷設し、工場直下の汚染域に対して土壌浄化を行うことが出来ます。
[用途]
■エアースパージング
■浄化剤の注入井戸管
■汚染地下水およびガスの吸引除去
地下水の復水(水平リチャージウェル工法)
地下水の復水(水平リチャージウェル工法)
ポンプで汲み上げた余剰地下水を、水平井戸により地層内に低い圧力で還元することが出来ます。
[用途]
■ウェルポイント等で発生する地下水の処理
■地下水利用率の高い地域に対する地下水保全
■地下構造物保全のために汲み上げた余剰地下水の処理
フレックスモール工法
フレックスモール工法

既設構造物の稼動状況を変えることなく地盤を強化することが出来ます。

[用途]
■既設構造物直下の地盤改良

お問合せはこちら

<<  『新技術』トップへ
 
TOKYO GAS
 ライフバル
キャプティグループのライフバル
(キャプティ・ライブリックHP)
Copyright (c) Capty Co., Ltd.