フローモール工法

施工手順

フローモール工法とは、まず小さな貫入坑から地中に掘削ロッドを入れ、ベントナイト泥水のジェット噴射と回転するドリルでトンネルをつくり、その中を到達坑から逆進して管を引き込む工法です。基本的な作業は全て地中で進められ、精度の高い遠隔操作で地上からコントロールします。

(1)貫入坑、発進坑、到達坑(接続坑)の掘削

(2)貫入坑からドリルロッドを地中に送り込む

(3) ベントナイト泥水のジェット噴射により土壌を切り崩し、切り崩した土を回転するドリルヘッドが側壁に圧密することによりトンネルを形成

(4) ドリルヘッドには発信器が組み込まれており、そこからの信号を地上のフローケーターで検知することによってヘッドの先端位置を確認。必要に応じて推進方向を修正する。既設管などの障害物を迂回したり、後戻りして新たなルートを取ることも可能

(5) 到達坑(接続坑)ではドリルヘッドを拡径リーマーに交換、その後に埋設する管の先端を接続する

(6) 再びベントナイト泥水を噴射しながら、掘削時と同じ原理でトンネルを計画された管径に仕上げ、最大8t(Dドリル・Fドリルは20t)の力で管を引き込みながら埋設する

* ベントナイト泥水-ベントナイトは微細な粘度。これの混ざった土によって形成されるトンネル壁は滑りがよく、パイプを引き込む際の効率を大幅にアップします。

開発商品・技術に関するお問合わせ
トップへ

株式会社キャプティ
東京ガス

株式会社キャプティ

東京ガスグループ

ホーム > 技術と商品 > フローモール工法 > 施工手順

フローモール工法 

施工手順 

フローモール工法とは、まず小さな貫入坑から地中に掘削ロッドを入れ、ベントナイト泥水のジェット噴射と回転するドリルでトンネルをつくり、その中を到達坑から逆進して管を引き込む工法です。基本的な作業は全て地中で進められ、精度の高い遠隔操作で地上からコントロールします。

(1)貫入坑、発進坑、到達坑(接続坑)の掘削

(2)貫入坑からドリルロッドを地中に送り込む

フローモール工法 施工手順 1

(3)ベントナイト泥水のジェット噴射により土壌を切り崩し、切り崩した土を回転するドリルヘッドが側壁に圧密することによりトンネルを形成

(4)ドリルヘッドには発信器が組み込まれており、そこからの信号を地上のフローケーターで検知することによってヘッドの先端位置を確認。必要に応じて推進方向を修正する。既設管などの障害物を迂回したり、後戻りして新たなルートを取ることも可能

フローモール工法 施工手順 2

(5)到達坑(接続坑)ではドリルヘッドを拡径リーマーに交換、その後に埋設する管の先端を接続する

フローモール工法 施工手順 3

(6)再びベントナイト泥水を噴射しながら、掘削時と同じ原理でトンネルを計画された管径に仕上げ、最大8t(Dドリル・Fドリルは20t)の力で管を引き込みながら埋設する

ベントナイト泥水-ベントナイトは微細な粘度。これの混ざった土によって形成されるトンネル壁は滑りがよく、パイプを引き込む際の効率を大幅にアップします。

フローモール工法 施工手順 4