ホーム > 技術と商品 > ecoボール > ecoボール使用方法

ecoボール

ecoボール使用方法

1.基本的な作業要領

① 準備
必ず掘削坑の側面にコンパネを設置するようにして下さい。
また、山留を設置した状態でも施工も可能です。
(コンパネは路床上面まで)
② エコボール敷設
エコボールの設置には、大袋、小袋を使分けて密に充填して下さい。
また、既設管や他埋設物砂袋で受け防護を行ってください。
③ 仕切り材敷設
隙間なく水平に充填したecoボールの上面に仕切り材を設置してください。
その際、掘削面とシートの大きさを同サイズにしてください。
④ 砕石の敷設
砕石を均一に敷き均し、転圧をしてください。また、仕上がり面が平坦になるようにご注意ください。
(必要に応じ、数回転圧してください)
⑤ アスコン打設
アスコンを打設して作業終了。
道路の解放後は、路面の沈下に充分ご注意ください。
また、定期的な観察も行ってください。
⑥ 再掘削
再掘削の際は仕切り材やecoボールを傷つけないように、砕石をある程度除去してください。
残った少量の砕石は専用シートと共に撤去してください。

 

2.エコボールの運搬例

●搭載準備
・トラックの荷台の縁に、ベニヤ板などを立てて「高さ」を確保してください。
・重量は1㎥あたり170kg程度となるため、積載重量に充分留意してください。
●搭載時
・ロープなどで固定してecoボールが飛散しないようご注意ください。
・万一ネットがさけた場合、大変危険です。積込み前に必ず点検を行ってください。
※道路交通法に従い、安全な運搬を行ってください。
開発商品・技術に関するお問合わせ
トップへ

株式会社キャプティ
東京ガス

株式会社キャプティ

東京ガスグループ

ホーム > 技術と商品 > ecoボール > ecoボール使用方法

ecoボール(軽量・仮埋戻し材) 

ecoボール使用方法 

1.基本的な作業要領

① 準備

① 準備

必ず掘削坑の側面にコンパネを設置するようにして下さい。
また、山留を設置した状態でも施工も可能です。
(コンパネは路床上面まで)

② エコボール敷設

② エコボール敷設

エコボールの設置には、大袋、小袋を使分けて密に充填して下さい。 また、既設管や他埋設物砂袋で受け防護を行ってください。

③ 仕切り材敷設

③ 仕切り材敷設

隙間なく水平に充填したecoボールの上面に仕切り材を設置してください。 その際、掘削面とシートの大きさを同サイズにしてください。

④ 砕石の敷設

④ 砕石の敷設

砕石を均一に敷き均し、転圧をしてください。また、仕上がり面が平坦になるようにご注意ください。
(必要に応じ、数回転圧してください)

⑤ アスコン打設

⑤ アスコン打設

アスコンを打設して作業終了。 道路の解放後は、路面の沈下に充分ご注意ください。
また、定期的な観察も行ってください。

⑥ 再掘削

⑥ 再掘削

再掘削の際は仕切り材やecoボールを傷つけないように、砕石をある程度除去してください。
残った少量の砕石は専用シートと共に撤去してください。

2.エコボールの運搬例

  • 搭載準備
  • トラックの荷台の縁に、ベニヤ板などを立てて「高さ」を確保してください。
  • 重量は1m3あたり170kg程度となるため、積載重量に充分留意してください。
  • 搭載時
  • ロープなどで固定してecoボールが飛散しないようご注意ください。
  • 万一ネットがさけた場合、大変危険です。積込み前に必ず点検を行ってください。
  • 道路交通法に従い、安全な運搬を行ってください。